スイかば捕獲作戦

スポンサーリンク


最近この町にスイカを万引きするかばが現れるらしい。

僕はしめじ像の前でかけるとけんたと待ち合わせしてかばを捕まえることにした。

集まってすぐにバラバラになって情報収集することにした。街は駅を中心にタケノコ通り、しいたけ通り、とんかつ通りの3つの通りに分かれていてそれぞれ商店街になっている。

僕はとんかつ通りに行くことになり歩いている。しかし朝5時に集まったせいで酔っ払いと普段からその辺で寝ているおっさんしかいない。

これじゃあ情報収集できないよなぁ。でもただでは戻れないし。
そう思って酔っ払いに声をかけてみた。

「すいません、この辺でかばみませんでしたか?」

酔っ払いは虚ろな目をしながらも答えてくれた。
「しらねぇけど、向こうの方からかばの匂いしたね。」
そう言って僕が来た方と逆の方を指差しました。

お礼を言ってからその方向へ歩いていきます。

おや、たしかになんとなくかばの匂いがするなぁ。ちょっと臭いなぁ。

ニオイを辿って歩いて行くとだんだんニオイは強くなってきました

これはもうすぐ近くだな。
そう感じながら商店街の脇に入ったその時。ニオイはさっきよりも急に強く感じました。

でもそこにはカバなんていません。
横たわった酔っ払いの女性が寝ているだけです。

あれ?注意深く周りを見てもやっぱりかばはいない。でもあれ、このニオイ、、この酔っ払いからだ。

顔おをあげるとかけるとけんたがいました。

「なんかカバ臭いからニオイ辿ってきたら一緒になったんだ。でもカバいないよなぁ。あれ、でもニオイってこの酔っ払いからしない?」

かけるが言いました。
けんたは酔っ払いの女性の顔を覗いて言いました。

「これ、かけるのお母さんじゃん」

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です