猫はどこで手に入れるのか??

猫が飼いたいと思った時、どうすればいいのか??いや、どうすればいいのかって別に自分の胸に手をおいてもう一度考えるとかそういう話ではなくて。

ペットショップで買ったり、猫を拾ったり色々経路があると思うけど、どんな経路があるのかな??という話です。

 

スポンサーリンク


 

1.ペットショップ
そう、きっと一度はどっかのショッピングモールとかで、「あーかわいいぃー」とかやったことがあるはずである。種類にもよるけど、人気がある猫は20万くらいするみたいです。

2.保健所
よくわからないけど、保健所というワードは聞く。調べてみると環境省からの発表がありました。平成27年度で90,045頭が保健所に引き取られ、返還数は345頭とのこと。ここから引き取ることで多くのねこが助けられるのかな。また別の機会にきちんと調べようと思います。

3.捨て猫
よくアニメや漫画で見ます。しかし実際には見たこともありません。レアケースかも??

4.友達の猫
友達が飼ってるねこが子供を産んだので譲り受ける。うん、けっこうありそうなパターンだ。でもなんかけっこうプレッシャーな気もするけど。たまには実家(友達の家)に顔見せなさいよ!とか、もっと大切に扱ってよ!とか、名前をすでにつけられてるとかそんな感じでちょっと気を使うパターンもあるのでは。

5.野良猫
なんかウチが通り道になってて餌あげてたらすっかりウチで寝たりしてるし、んじゃいっちょ飼ってみるかぁ、がははははとか言って飼ったものの実は飼い猫で近所のおばさんと大ゲンカ!そんなパターンが眼に浮かぶなぁ。

6.動物病院
動物病院で里親募集の案内が出ているようで、そこからもらうケースもあるようです。なるほど、ペットを飼ってないと動物病院に行くこともないし、通りかかっても注意を向けないので気づかなかったなぁ。

色々な場合を調べながら挙げてみました。動物を飼うってことはかわいいとかいっときの感情の盛り上がりでは難しいからきちんと考えた上で家族の一員として迎え入れる必要があるなと再認識。

しかし、大根をベランダで育てようかなとか考えたけど、でも水をあげ忘れて枯れさせてしまったら自分はどう責任がとれるのか、水を上げすぎたときに対処できるのか?本当に大根は育ちたいと思っているのか、食べられるために生きたいのか!とか考え出すと何もできない自分がいることも事実。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です