お薬ねこ

お薬ねこは今日も元気にお薬を届ける。お得意様は近所の高齢者たち。薬屋さんに行けない高齢者のもとにお薬を届けるお仕事。

今日は6件のお家に届けなきゃ。

お薬ねこは元気に配達に出かけました。公園でちょっと休憩がてら配達予定のお薬を飲みます。
「うん、水曜日は元気がでるお薬が多くていいな!でもおしっこもたくさんでるし、うんちもシャバシャバになっちゃうし、それがちょっと困るんだけどねー」

お薬ねこは配達する薬から「朝食後に服用」のお薬を全部飲み干しました。なんか気持ち悪くなってベンチで休んでるうちに寝てしまいました。

目を覚まして時計をみると

「いけねー、もう13時だ!」

慌ててお薬ねこは配達予定のお薬から「昼食後に服用」のお薬を取り出しすべて飲み干しました。
「あー良かった!忘れるとこだったな」

スポンサーリンク


それから配達にでかけたお薬ねこでしたが、頭がもやもやして配達先の家がまったく思い出せません。

一旦いつものお店に寄ろう。

お薬ねこはいつも通ってるハーブ店に行きました。そこで店長から色んなハーブをもらいました。
「でもこのハーブはみんなに分けた方が喜ぶんだよな。今日も薬は飲んじゃったし、みんなにこれをあげよう。」

そうこうしてるうちに夕方になりました。

「大変だ!もうこんな時間だ!」そう言って鞄に入っていた「夕食後に服用」のお薬を飲み干しました。

むむっきたきた!

お薬は昼間のドロドロした状態が嘘のように五感が研ぎ澄まされる感覚で身震いしました。

「1軒目は柴田さん家だな。」

お薬ねこはハイになりながら飛び跳ねるように柴田さん家まで走りました。

ピンポーン、ピンポーン、ピピピピピンピンピんピンポーン!

すぐにドアが空きました。そこにはパイプをもって煙をもくもくさせたおじいさんがいました。
「お薬ねこね、ありがとう。」そう言ってハーブを受け取りました。

「どういたしまして!今日も元気そうですね!」

「あんたが運んできてくれるようになって元気になったわよ!」

柴田さんからお礼を言われてお薬ねこは嬉しくなって次の家へ足早に向かいました。

そのあとすべてのお家に薬を届けてお薬ねこはお薬屋さんに戻りました。

あー今日も楽しかったな。

店主が迎え入れてくれました。「今日もおつかれさま。みんな元気だったかい?」

お薬ねこは笑顔を見せて自分の部屋に戻ってテレビをつけました。

仕事を始めた時はお薬配達してもみんなあまり喜んでなかったし、良くならないって言ってたけど、代わりにお薬は僕が飲んで、代わりにハーブをあげるようになってみんな元気になったし、僕のことが待ち遠しいと言ってくれるようになったんだよな。

そんなことを考えてるとテレビにいつものハーブ屋さんが映りました。

「脱法ハーブの販売をしていたとして、今日深夜未明に警察により、、、、」

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です