キリンと草間彌生

外で鳴いてるのは何セミでしょうか?ミンミンゼミとかクマゼミとかアブラゼミとかたくさんいるけど鳴き声ってなかなかわからない。

あとヒグラシ?ってセミみたいな形だけど、セミなのかしら??

調べた

➡︎セミ

今日もまたひとつ謎を解明してしまった!じゃあセミは世界で何種類いるんだろう?どうやって音だしてるんだろう?本当に7日間しか生きれないの?セミ食べる動物いるの?どんな味?とかとめどないので今日は別の話題を。
猫の事はしばらく調べ続けたし、ゴリラも調べたし。

一番好きなキリンにしよう。

 

スポンサーリンク


なぜキリンが好きなのか??

もはやグーグル先生に頼らないで生きていきたい!人間誰しもそう思う時がくるのではないでしょうか??
わたしもそうです。誰かに頼ってばかりいた時にその人がいなくなった時にあなたはどうしますか??自分で生きていく力が必要です。
ということで、キリンが好きな理由を考えてみます。

1.クビが長い

うん、そうだろうね。そうなんだと思う。鼻が長い象とかクビが長いキリンとか、力が強いゴリラとか、何かに秀でたやつってのは好かれるんだよね。それがクビって!高いとこの草を食べるためにクビ伸ばすか?っていう謎の進化も好き。

2.足が長い

そうそう、やっぱりクビが長いだけではいけない。足が長いのは現代の女子にとっても必須条件だろう。スタイルがよく見えてそのクビの長さすらオシャレに感じる。スカーフとか巻きたいよな。

 

3.水玉模様

そして皮膚に刻まれたDNA!そのキリンを覆うのは草間彌生もビックリの水玉模様。一説では草間彌生はキリン説が。しかし、見方によれぼ水玉模様にはまったく見えない。そう、あの幾何学的な模様である。

4.優しい目

あの吸い込まれるような目だ。睫毛も長く、すっとその瞳に吸い込まれるような感覚。わたし、キリンでなくてズィラッフ(ジラフ)ですのよ。と語りかける目。
おおよそこんな感じです。でも気づいたことがある。キリンのこと、見た目で判断してる。もっと生態を知らなくては。

今度キリンの秘密に迫る!!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です