キャットフードは何からできているのか。

好きな食べ物は餃子です。とまわりに言っていたら、餃子好きだったよねと夜な夜な餃子を食べるはめになり、嫌いになりかけたことがあります。

ねこは毎日キャットフード食べてるみたいだけど、飽きないのかな。
それともねこを依存させる魔法的な何かがあるのか!?

ということで調べてみました。キャットフードの主な成分。
チキン!ビーフ!ラム!
あ、肉なんだ。
農場にいる牛さんは、まさかいつかあの小さな猫に食べられるかもなんて想像もしないよね。ねこも目の前の大きな牛さんをいつも食べてるなんて知らないだろうな。こういうのも食物連鎖っていうのかしら。
これにコーンとか穀物類が入っているものがキャットフードの主流のようです。
安いキャットフードは事故死や病死した危険な肉を使ってることもあるみたい。
安いには安いなりの理由があるんですね。

ねこの食べ物といえば「おさかなくわえたどらねこ」のイメージがあったから、主な成分って魚なのかなと漠然と思ってたんだけど、そういうのは高級なネコ缶の中らしい。

「犬猫が食べて美味しいものは、人間が食べても美味しい」
ムツゴロウさんの名言だそうですが、私は食べません。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です