ワオキツネザルはサルなのか、キツネなのか


どうぶつようかいのようかい図鑑には、たまに聞きなれないどうぶつが現れます。

そのひとつがワオキツネザル。

しましまの長いしっぽがチャームポイント。
都内だと上野動物園、ちょっと足を延ばせば東武動物公園や日本モンキーパークでもあえる。かわいらしい動物です。

そこで今日もこんな疑問がわいてきました。
ワオキツネザルはキツネなのか?サルなのか?
見た目にはサルともキツネともいえない、独特の印象を受けるワオキツネザル。
モンキーパークにいるということはサルなのか。。

気になったので調べてみました。

ワオキツネザル:キツネザル科

キツネザル科っていうのがあるんですね。
もう少し大きな分類までいかないとわからないのかも、wikipedia女王でさかのぼれるところまでのぼってみました。

界 :動物界
門 :脊索動物門
亜門 :脊椎動物亜門
綱 :哺乳綱
目 :霊長目
亜目 :曲鼻亜目
科 :キツネザル科

分類ってこんな感じなんだ。
「界」って、、動物界以外はなにがあるんだ?
調べてみたら、界は動物界と植物界の2つしかないらしい。
そしてその上は「ドメイン」といってゲノムでの分類になるらしく。
さらに最上級の分類の始まりは「生物」になるようです。
分類学って面白いかも..

話がそれました。
このキツネザルの分類でサルとキツネと共通しそうなのは哺乳類(哺乳網)ってことかな。
ということで、サルとキツネの分類も調べてみました。

サル
綱 :哺乳綱
目 :霊長目
亜目  :曲鼻亜目 or 直鼻亜目
科 :キツネザル科、チンパンジー科、ゴリラ族など

キツネ
綱 :哺乳綱
目 :ネコ目
科 :イヌ科
亜科 :イヌ亜科

・・・どちらかというとキツネというよりはサルですね。
生態的にも群れで生活したり、食べるものが似てたり、サル寄りでした。

それよりも、キツネってネコ目、イヌ科なの?
え、イヌなの?ネコなの?という新たな疑問。

これはまたの機会に。。。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です