珍しい色の動物

来ましたね!

北海道での黒いきつね、福岡での白いたぬきに続いて、またも北海道での白いリス!

このリスはアルビノっぽいですが、他にも珍しい色のどうぶつっているんでしょうか。白いリスに続くどうぶつをどうぶつようかいが大予想しちゃいます。

ルチノー:黄色のインコ

アルビノやメラニズムという分類とはちょっと違うかもしれませんが、インコにはルチノーという珍しい種類があるらしい。全身黄色のインコ。

これは人工交配で人為的に作られているものなので、探せばペットショップにいそうです。ニュースにはならないか。。

キメラ:ツートーンカラーのネコ

キメラは1種類の生物が2種類以上の生物の遺伝子をもつことを言うらしい。

キメラキャットで検索していただくと、真ん中でぱっきり色がわかれるツートーンカラーのねこが出てくる。

色じゃなくて、イノブタとか、レオポン(ライオン+ヒョウ)、ラバ(ウマ+ロバ)とか2つの動物の交配で生まれたキメラもいるみたい。

こうなると、オカピは間違いなくしまうまと馬のキメラだと思ったけど、オカピはキリン科オカピ族というキリンの仲間で、キメラでもしまうまではないみたいです。

どうぶつって奥深い。。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です