チバニアンに生きた動物たち

地球史にチバニアン(千葉時代)が命名されるとか!!

もはやチバは、ケンミンショーで埼玉と争ったり、東京や神奈川にあこがれたりしている場合ではない。
だってあのおしゃれ国、イタリアと争って勝ったんだから!
千葉は世界のチバになってしまいました!

ということでやはり気になるのはチバニアンに生きていた動物たち。
77万年前~12万6千年前というながーい歴史をのぞいてみたいとおもいます。

このころ、人間でいうと50万年前に北京原人、23万年前にネアンデルタール人、
20万年前にやっとホモサピエンスが登場しました。私たちの祖先はなんとチバニアンに誕生していた!!

ではどうぶつ見ていきましょ

なんといっても有名なのはマンモス!

最古のマンモスは400万年前にアフリカで、誕生したとされ、1万年くらい前までは生きていたのではといわれてます(諸説あり)
チバニアンだけでなくいろんな時代をまたにかけて活躍したんですね。
アフリカ大陸に人類が誕生して800年ほどで絶滅した(狩りすぎ?)という、悲しい情報も。
ナウマンゾウとか、ケナガマンモスとか近い感じのどうぶつたちもチバニアンに生きていたらしい。

ギガントピテクス

キングコングや雪男のモデルになったとも、ヒマラヤのイエティが生き残りともいわれる史上最大の霊長類!
その背はなんと3m!!体重300kg!!
30万年ほど前に絶滅したらしいです。

ドウクツライオン

霊長類最大がギガントピテクスだとしたら、こちらは、地球史上最大のねこ科!
洞窟からいっぱい化石がみつかったからという理由で、この直球な名前がついたらしい。
全長は3mでウマが大好物。
このドウクツライオンも人間の乱獲によって絶滅したといわれてます。

ということでチバニアン!77万年前ってどれだけ古い時代かと思ってみたら、
意外と人間もいたし、恐竜とかはもう絶滅済でした(恐竜の最盛期は1億年前!)

地球って歴史なが!!
また機会があれば地球史と動物というテーマでコラムをかいてみようと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です