神社にいる動物たち


あけましておめでとうございます!
今年もどうぶつようかい、よろしくお願いいたします。

新年ということで、初詣に3回行ってきました。
神社にいくとすっきりします。

ところで神社にはいろんな動物達がいますよね。
狛犬とか狐とか獅子とか。
でも、この動物たち、実在の動物というよりは守護獣と呼ばれる想像上の動物である場合が多いみたいです。
まさにどうぶつようかい!!親近感が止まりません。

ということでどんな神社にどんな動物たちがいるのか、調べてみました。

神社における動物の立ち位置は「神の使い」
基本的にはひとつの神社にひとつの動物という場合が多いようです。

有名なところからいくと、稲荷神社には狐
日吉大社や日枝神社は猿
八幡神社は鳩、鎌倉の鶴岡八幡宮の鳩みくじはかわいくていつも引きます
春日神社、春日大社は鹿。ほかにも鹿島神宮も鹿のようです。
熊野本宮など熊野三山の神社は八咫烏(ヤタガラス)足が三本あるんですよね。
太宰府天満宮や北野天満宮は牛。
弁財天を祀る神社は蛇。

ほかにもイノシシ、うさぎ、鶏など神社によって様々な動物の神のお使いがいるようです!
次お参りに行ったらぜひチェックしてみてね⭐︎
では今年もみなさんにとって素敵な一年になりますように!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です