テングザルの鼻はなぜ大きいのか??

今日はテングザルについて調べます。テングザルのシンボルとも言えるあの鼻のなぞについて調べます。

テングザルの鼻はなぜ大きいのか??

こたえ:メスへのアピール

しかし、これ2018年2月22日に「Science Advances」で発表されたばかりの情報でした!

それまで、そうじゃないかな?きっとそうだと思うよってくらいのものを証明してみせたわけですね。

詳しくはこちら、こちらの京都大学のホームページをご覧下さい。

あの鼻、そして鼻を使った低い鳴き声などが雌にアピールできるとのこと。

ちなみに鼻が大きくなるのはオスのみで、子供やメスは鼻が大きくありません。

研究結果によると、鼻のサイズ、体重、睾丸容量に正の相関関係が発見されたとのこと。

また行動観察からも証明されたとのこと。

しかしこの研究グループは10年以上、野生のテングザルの生態や形態データを蓄積していたとのこと。その結果がついに報われたのですね。。

テングザルはどこにいるのか??

東南アジアのボルネオ島の沿岸部の密林にのみ生息しており、絶滅危惧種にも指定されています。

レッドリスト

絶滅危惧種>絶滅危惧ⅠB類(EN)

日本では横浜にあるズーラシアでのみ見ることができます。

テングザルについては今後も継続して調べて行きたいと思います。

今日はこのへんで。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です