動物訪問看護とは??

動物訪問看護とは??

A:自宅でペットの健康状態を見てくれるサービス

よく広告などで見るケアペッツでは、緊急時の対応や健康状態についての相談なども受けられるようです。

なかなか動物病院にいけない方や、病院に連れてく必要があるのかしら?など知識がある人に相談できるのはとても良いサービスだ。高齢になると体調すぐれないことも多く、どう対応してあげたらわからないことも多く、その都度病院もなかなかいけないことも多いので、手軽で良いかもしれません。

定期的に見てもらうことで、いつも一緒にいる自分では気づかない変化にも気づいてもらえる可能性がありますね。

人間の訪問看護でも、病気を持ちながらでも悪化しないように長く楽しい生活を送ることができるよう健康状態を見てくれます。動物も高齢化しても長く一緒に生活できるよう、サービスも広がって行くでしょう。

家で動物を看取れるように、最後まで相談に乗ってくれる人がいるのはとても心強いですね。

今までなかったのか??

ペットシッターなどが、担ってた部分が大きいのかと思います。

しかしペットシッターの質もバラバラで、知識が多く、経験豊富な人もいれば、全然知らなくて動物好きなだけの人もいる。そんな中で動物訪問看護師という、動物社団法人全日本動物専門教育協会(SAE)とCARE PETS(ケアペッツ)が共同で開発した新しい資格みたいです。

動物看護師とは??

動物看護師は国家資格ではありません。

民間団体による資格で、動物病院の動物看護師は実際には教育を受けてない人も業務に当たることができます。現在は質の確保のため、動物看護師統一認定機構の試験を合格すると、認定動物看護師と呼ばれるようです。

このようになかなか整備されていない中、資格を持っているのは一つの目安になりますね。

今後はどうなる??

今後本当に動物訪問看護師がサービス提供することで、健康状態を維持できるのか??ペットシッターとの差は??

ご主人だけで見たときとの差は??病院行く金額よりもサービス受けて健康維持している方が経済的にいいの??などが証明できると選択する人の幅が広がると思います。

証明できれば動物の種類ごとの専門領域を持つ看護師が出てきたり、獣医の診療の補助ができるなどの人間の看護師のような仕事になると動物たちにとっても益になると思います。

終わりに

専門の知識を持った人に健康状態を見てもらえるのはいいですね。

すぐ病院!だと敷居が高いし、知識ない人に相談しても意味ないし、ちょうど中間の良いサービスかと思います。

しかし動物看護師になるにはどうすればいいのだろう??今度はそれについて調べたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です