くちびるねこのお話⑤

くちびるねこは呆然として立ち尽くしました。

おじさんが持つラジカセからはまだおっさん同士の争う声が聞こえてきます。

「とにかく、今日までに返さないとツタ○の人に怒られるんだから!」

「あした駅前のポストに入れておくからいいだろう!」

くちびるねこは膝から崩れ落ちおじさんにすがりつきました。

そう、ラジカセを持つおじさんはトイストーリー3を延滞していたツタ○の店員だったのです。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です