ももたろー8

桃太郎のイラスト

そうしているうちに、イカダに乗って鬼ヶ島にようやくつきました。鬼が住む家に着き、チャイムを押しました。「こんな遅くに、誰かしら」という声が聞こえてドアが開く前に桃太郎たちは隠れました。

桃太郎は涙を流しています。そう、自分たちと変わらぬ家庭がそこにはあったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です