ももたろう9

鬼のイラスト

桃太郎は次の日鬼が1人になるのを待って声をかけました。

「おい、鬼よ、もう私たちの街には来ないでくれないか、私たちの街は泣いている。お前にはそうは見えないだろうが、人は互いを信じず、言葉は哀しみしか伝えることがなく、その表情は幾重にも重なる嘘で汚れてしまった。私がお前を退治することで今度はこの街が泣くことになる。だから私はこのまま帰る。お前ももう来ないでくれないか。」

鬼は桃太郎が言ってることがよくわからなかったけど、「わかった」と言って去っていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です