冬眠のふしぎ

 

今週から12月が始まりますね!気温も下がってきて、朝起きるのがつらくなってきました・・そんな時、あぁもしもクマだったら寒い間中冬眠できるのに、、なんて夢を見ながら二度寝してしまいます。

冬眠、不思議な現象ですよね。なんで冬中眠っていられるのか、ごはんも食べずトイレもいかないのか?なんて冬眠の不思議に迫ってみたいと思います。

そもそも、冬眠するイメージといえばクマやリスですよね。4000種近くいるとされる哺乳類の中でも、冬眠するのは183種と比較的少数派のようです。

なぜ冬眠するのか、それは冬の食糧難を乗り越えるため。あったかいお布団でもう少し眠っていたいからなんて甘えた理由ではありません。

また、一言で冬眠といっても、冬の間中ごはんも食べずトイレもしないでずっと眠り続けるクマタイプ(秋のうちにどんぐりを食べまくってエネルギーをため込む)と、体温を下げていって冬眠に入り、そのあと体温を上げて途中で目覚め、ご飯をちょこっと食べたり、トイレにいって、また冬眠に入るリスタイプなど、冬眠の仕方はさまざま。自分のライフスタイルにあわせた冬眠ライフを送っているようです。

興味深いのは、冬眠と睡眠が違うということ。リスは冬眠からちょこちょこ目覚めるスタイルなんですが、その理由が睡眠不足を補うため・・・!という説があるみたい。

え?!だって冬眠で眠ってるじゃん!と突っ込みたくなるのですが、リスにとって冬眠と睡眠は全く別物らしい。冬眠から覚めた後睡眠をとって、また冬眠に入るというはた目には完全に眠りまくっているようにしか見えない不思議なリス事情がわかりました。

この冬、森へ出かけて、冬眠している動物たちをみつけたら、彼らなりのスタイルで眠っていることを思い出してそっとしておこうと思います☆

スポンサーリンク