猫の走るスピードは??

動物ってなんでかわいいのでしょう?よくみると毛深いし、その辺にうんちしちゃうし、ドミノとかできないし、でもそれでもかわいい!

NHKで見ると弱肉強食の世界を繰り広げられますが、民法では動物のかわいい様子を放送しています。動物園にいくと、「わしの食事してるとこ見てカワエエんか?」という目で見られるし、象は水色のイメージだし、よくわからない。子供の頃のイラストやぬいぐるみとかそんな印象が強いのかな。

スポンサーリンク


今日は猫の走るスピードは??という疑問です。

猫といえどもハンターなのでそのスピードはかなりのものですね。

なんとマックス48km!!

速すぎ!!

人間は100mを10秒で走る人はトップクラスなので、60秒で600mさらに60分で36000mだから、

時速36km!!

人間のトップクラスをもってしても敵わないスピードです!とても裸足でかけてくサザエさんには追いつけるわけもありません。(トップスピードの測定だと44kmとのこと※サザエさんではない)

はい、わかっています。あいつと比較しろというみなさまの声が。まったく速い印象はないけど、何かと比較するときにはその全ての基準となるべく動物。

ゴリラ

50km!!

はやっー!ゴリラはやっ!ウホウホ言ってる場合じゃないし!

猫が逃げた時はすぐにゴリラに追いかけさせれば捕まえてくれそうだ!

いや、むしろ交番とかに1匹おいたらどうだろう?

「きゃーひったくりよー」

警察官「大変だ!いけ、ゴリラ!」

野に放たれたゴリラはひったくりには目もくれず街行く人々を握力のまま次々となぎ倒す。

日本では2020年からゴリラのエサをみんなカバンに入れて歩くことになりました。そうすることで、ひったくりが現れてもゴリラがカバンめがけて走って行くと想定されます。

「きゃーひったくりよー」

警察官「大変だ、行け、ゴリラ!」

野に放たれたゴリラはひったくりには目もくれず街行く人々のカバンに入ったエサを強奪するように握力のままになぎ倒しました。

スポンサーリンク


 

猫はどれくらいの高さから落ちても大丈夫なのか?

みなさん、こんにちは。みなさんはどれくらいの高さから落ちたことありますか?

私は子供の時に2階から飛び降りた時は膝がジーンと痛くなりました。昔は駐輪場の屋根を駆け回ったりマンションで鬼ごっこしたり自由でしたね。

スポンサーリンク


今日の疑問ですが、猫はどれくらいの高さから落ちても大丈夫か??です。

タンスから飛び降りたとしてもくるんっと回って何事もなかったかのような顔してトコトコ歩いていきます。心拍数とか測ったら以外とドキドキしてるかもしれませんが。。
グーグル先生に聞いてくることにします。以前はimodeとかいうよくわからない方に聞いたり、着信音を手入力したり、和音になったとか革命がありましたが、いまやパソコンでもタブレットでもスマホでもなんでもグーグル先生に聞ける環境が整いましたね。

今後どのような形で進化するのでしょうか?時計もイマイチだったし、やはりメガネは可能性を感じますね。体と一体化することが求められますね。皮膚に同化するのがいいかな。

それはそうとグーグル先生にお伺いいたしました。

どうやらビルの4〜5階の高さ以上で死亡率が高いようです。

決してムササビのように足を広げて空気抵抗を大きくして着地できる!とか嘘のようなので信じないように。

でもやっぱ着地の時は足から着くように身体を捻ったりとかはするようです。

人間の場合はビルの3階程度の様子。

なんとなく猫ってどんなに高くてもくるくる〜っぱ!って感じで着地しそうなイメージだけど、やはり高いとケガしてしまったり死んでしまったりするんですね。

なので4階以上に住むかたはベランダにださないこと!バランス感覚にすぐれた猫といえど、体調悪かったり、ベランダの柵が濡れてたりすると滑りますから!

でも実は私知っていたんです。

先日テレビを見てて「しくじり先生」を見ていたのです。

その時ミスターマリックと娘が出ていました。

実は娘と仲が悪く、無関心だったとか。

そう、それを見ていたので知っていたのです。

見かけによらないってことを。。

ミスターマリックなんて、家では毎日ディナーショーが繰り広げられ、お小遣い欲しいなんて言われればレモンの中から無限増殖できて、年に一回の家族旅行はボックスの中に入れば自由にどこでも行けると思ってた。

イメージで判断してはいけないと学んだのです。みなさんもイメージで判断してませんか?

スポンサーリンク


猫の1日に必要なカロリーは??

なぜご飯を食べないといけないのか?究極のところ死ぬから。なぜ死んではいけないのか?、、、猫のことまだ知りたいし。なぜ死んではいけないか考えたいし。死ぬのはいつか死ぬらしいので、生きてるうちにできることしてから死ねばいいかな。

スポンサーリンク


人によっては食べることが人生の楽しみという人もいれば、生きるために食べてるだけの人もいる。
人間に限って言えば

基礎代謝(何もしなくても必要なカロリー)と活動レベル(運動とかして使うカロリー)を補えばだいたい生きていける。

人間が動くには燃料が必要で、その燃料がカロリーと捉えてもらえばイメージしやすい。日々何もしなくても汗かいたり、細胞分裂したり、食べ物消化したりとカロリー大活躍!

そして歩いたり運動したりするとさらにカロリー大活躍!

このままだとカロリー使ってばっかりですね。マイナスになっていき、動いたりするカロリーもなくなってしまうのですね。

つまり、その分補ってプラスマイナスゼロにしてれば体重もかわりません。

そして人間が1日で必要なカロリーはだいたい成人男性で2500kcal程度

そこで今日は猫はどれくらい必要なのか??

について調べます。

室内猫だとあまり動かないし、体重も軽いしあまりカロリー必要なさそうだなぁ。

猫の体重が3kgだとして、60kgの人間の1/20だから2500を1/20して、125kcal??まぁ動かないし100kcalくらいかな!

なんと、、

猫の体重×70〜80kcal

つまり3kgだと、210〜240kcal

ライフステージによっても変わるので飼ってる方は調べながら健康管理してあげると良いと思います。

一時期色々人を観察してた時期があったんだけど、ラーメン屋とかで私はラーメンしか食べないが、大柄な方は確かにトッピングとかご飯とか食べて、コーラのんだりしてるからなぁ。

そして全部食べたと思ったらご飯をおかわり。スープと一緒に食べてました。1500円以上使ってました。

太りたいと言う痩せた人もいますが、本当に太るとはこういうことなんだぞ!「君たちの食べてるけど太りません」の食べてるけどっていうのは通用しないことを肝に銘じたまえ!

スポンサーリンク


猫は聴力のどうぶつ??

前回視力について考えましたので今日は「聴力」についてです。

スポンサーリンク


これも猫好きにとっては常識なのかもなぁ。と思いつつも自分のような素人に広く知ってもらうことで猫に気遣いできる社会を作りたく考えております。
見た目からして、凛として立った耳からは聴力良さそうな感じを受けます。耳とかも動かせるし!いや、忘年会とかで耳動かす一発芸してるやついたけど耳も頭も悪かったな。耳動かせると耳がいいとは一致しないか。

ということで、憶測でものを言ってはいけません。不思議に思ったらグーグル先生に聞いてみるのです。

犬は嗅覚の動物

猫は聴覚の動物

なんたる格言!さすがグーグル先生です。一発でその凄さを表しました。
やっぱり猫は聴覚いいんだ!
少し数字の話もすると、

人間は16〜20,000㎐

犬は40,000㎐

猫は25〜78,000㎐

いや、凄いんだよ?凄いんだけど、犬も結構すごい!以前嗅覚を調べた時に猫は人間の数万倍、犬はなんと数百万倍でした。
いや、嗅覚と聴力を単純に比較することが間違っているのだ!
Aくんってすごいカッコいいよね!Bくんの数百万倍かっこいいよね!でもBくんって偏差値70なんだって!Aくんは35らしいよー
この会話を聞いてどう感じたでしょう?Aくんのかっこよさの数百万分の一の顔を想像した人もいれば偏差値35ってなに?とおもった人もいるだろう。
そうじゃない。

容姿は数百万倍の違いがある。

偏差値は倍の違いしかない。
でも差が大きいから絶対Aくんが優れているのか?差が倍しかないからその差はあまりすごくないのか?
偏差値の倍の違いは絶望的だろう。(容姿の数百万倍の違いも絶望だが)

猫を擁護するつもりがなんか、猫の容姿が犬の数百万倍悪いみたいな話になってる!そんなことはないのでよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク