相撲ポエム

相撲とは、肌と肌とのぶつかり合い

そこに言葉なんていらない

組んでみればわかる

彼の考えてることも

 

彼の生活も

彼の価値観も

彼の力強さも

 

だからそのあとも言葉なんていらない

言葉を交わすだけでは真に分かり合えたとは言えない

行司もいらない

勝敗を決めるのはいつだって二人だから

そこに介在できるのはただひとつ

 

「まわし」だけ

まわしを掴みあって引きつけあう。

さぁそろそろ今日も元気な声が聞こえてくるぞ

 

のこったのこった

猫もお酒を飲めるのか??

今日もこんな時間ですね。暑くて暑くてやけちゃうし、帽子かぶらなきゃ倒れますね。でもなんか帽子とか被ると蒸れてハゲたら嫌だし、でも日光に当たりすぎてハゲる気もするし、どっちの方がいいのかしら。

スポンサーリンク


それは個人的に調べるとして、今日は猫もお酒を飲めるのか??です。猫だって日々のストレスに耐えられない。そんな夜があるのではないのでしょうか。そんな夜には大五郎でも飲んで忘れたい時もあるのかな?

さて、いい加減グーグル先生に頼りすぎて脳のシワがなくなりそうな気がするのでたまには事前に考えましょう。
以前コーラは飲めるのか??を調べた時に人間と比べて体重が軽いのでコーラに含まれるカフェインが中毒症状起こす危険があるとグーグル先生に教えて頂きました。これと同じかも知れません。

アルコールも人間より体重が軽いので猫にとっては有毒になるのかもしれません。

あとは人間はストレス解消するためにお酒を飲む人が多いけれど、猫にとってお酒がストレス解消になるとは限りません。価値観の違いですね。
50代にして音楽性の違いにより解散してしまうアマチュアロックバンドもいます。価値観っていうのはかなり大きな問題でしょう。

さて猫にアルコールあげるのは危険だろう!という仮説をたててグーグル先生に聞いてみます。

ふと気づいてしまった。グーグル先生に聞く前にきちんと考えてから聞くことはとてもいいことかもしれない。しかし、グーグル先生にしてみれば、事前に考えようが考えまえが、検索ワードを打ち込まれてそれに反応して答えをだすだけではないか。
そうするときちんと検索ワードに「私は猫にアルコールを与えるのは人間との体重比からリスクがあると考えます。さらに人間の価値観で猫にアルコールを与えることはその猫の尊厳の問題にもなる可能性が潜んでいると考えます。しかし、これも個人の考えにしか過ぎないためグーグル先生にご意見賜りたく思います。 猫 アルコール」と検索すれば良いかもしれない。

グーグル先生より「検索キーワードは 32 語までに制限されています。”こと” とその後に続く語句は無視されました。」

無視、、

しかし検索結果はきちんと猫に対するアルコールのリスクについて答えを出してくださいました。
やはり、人間の体重よりはるかに軽い猫がアルコールを摂取するとアルコール分解しきれず急性アルコール中毒になるリスクがあるようです。うん、私も賢くなったもんだ。
アルコール度数5%のビールを3kgの猫が300ml飲むとかなり危険とのこと。
うん、なんか軽い気持ちで猫にアルコールを与えないように注意して下さい!

それにしても無視って、、

スポンサーリンク