家と動物と水洗トイレでワープ

本当に泥棒なんているのか??

と思ってしまうほどのんびりした町で過ごしています。鍵開けっぱなしでもいけるんじゃないか?いや、むしろもう鍵とかピッキングであけられるんだからかけなくていいのでは?フルオープンでいいんじゃないか?

もはやなんでもシェアする時代だし、家とかなくていいんじゃないか?

ミニマリストを極めた人は家もいらないんじゃないか??
なぜ住む!

ということで今日は家を持たない動物をしらべます。

スポンサーリンク


家を持たないミニマリスト動物は??

調べました。

いや、むしろ動物って家ほとんど持たない!!

持つのは犬、猫、鳥、蟻、虫など

動物は移動しながら暮らしてるから家を持たないんですね。
そして糞尿もしたくなったらする!当然ですね。

もはや動物たちからしたら、あの人間って動物はなんで布を纏ってるんだ??糞尿してるとこ見たことないなぁ。なんかうちら焼かれて食べられるし、なんなん?

って感じだろう。

水洗トイレって夢ですよね。糞尿が一瞬でどっか行っちゃうんだから!ワープ!

ティッシュとかも永遠にでてくるし、トイレットペーパーも永遠に回り続けるし!

人間が水平線の向こうやピリオドの向こうを目指すようにハムスターもあのクルクル回る装置を走り続ける。
少しでも進んでいるかのように。
人間もそうですね、毎日変化していたい!悪くなったとしても進んでる証拠だから!とか言ってうろうろしてるようなもんかもね。

自分探しの旅に出たところでだいたいは家に帰ってくるし!家が一番落ち着くし!自分探しの旅に知らないとこに行っても知らないとこに自分はいない!

だって家にいるんだから!

スポンサーリンク


マダニとどうぶつたち

マダニについて前回調べて、もはや身近にいることは確認できました。まずは人間について予防策など見てきましたが、私たちが愛するどうぶつたちはどうなのか??について今日は調べて見ます。

スポンサーリンク


1.犬や猫も重症熱生血小板減少症候群(以下STFS)に感染するの??

2.犬や猫の予防策は??

について調べます。

1.犬や猫もSTFSに感染するの??

感染します。

しかし、最近までマダニに噛まれてSTFSに感染するものの、発症はしないと考えられていました。しかしSTFSを発症した猫の報告があります。

感染と発症、、ややこしいですね。

つまりウィルスを保有しているダニに噛まれた猫は感染してウィルスを保有します。保有したからと言って症状が出るのとは別問題ということですね。

以前から動物たちがSTFSウィルスを持っていることは確認されていましたが、症状などは確認されていませんでした。

2.犬や猫の予防策は??

フロントラインプラスとのこと。

薬剤はたくさんありますね。獣医さんに相談するのが一番良いとは思います。フロントラインプラスでは成虫だけでなく卵の孵化や成長も防止してくれるとのこと。

飼ってる人については常識だったかな。

しかしマダニだって必死で生きてるわけですよね。

マダニ側からこのブログ書くとしたら、

1.どうすれば人間の血を吸えるか??

2.見つかっても剥がされないためには??

とか書くと思うし、雑誌とかでも

人間の弱点をつけ!〜都会がいま熱いスポット〜

とかタイトルつけるかな。

ということでこのへんで。

スポンサーリンク


猫は聴力のどうぶつ??

前回視力について考えましたので今日は「聴力」についてです。

スポンサーリンク


これも猫好きにとっては常識なのかもなぁ。と思いつつも自分のような素人に広く知ってもらうことで猫に気遣いできる社会を作りたく考えております。
見た目からして、凛として立った耳からは聴力良さそうな感じを受けます。耳とかも動かせるし!いや、忘年会とかで耳動かす一発芸してるやついたけど耳も頭も悪かったな。耳動かせると耳がいいとは一致しないか。

ということで、憶測でものを言ってはいけません。不思議に思ったらグーグル先生に聞いてみるのです。

犬は嗅覚の動物

猫は聴覚の動物

なんたる格言!さすがグーグル先生です。一発でその凄さを表しました。
やっぱり猫は聴覚いいんだ!
少し数字の話もすると、

人間は16〜20,000㎐

犬は40,000㎐

猫は25〜78,000㎐

いや、凄いんだよ?凄いんだけど、犬も結構すごい!以前嗅覚を調べた時に猫は人間の数万倍、犬はなんと数百万倍でした。
いや、嗅覚と聴力を単純に比較することが間違っているのだ!
Aくんってすごいカッコいいよね!Bくんの数百万倍かっこいいよね!でもBくんって偏差値70なんだって!Aくんは35らしいよー
この会話を聞いてどう感じたでしょう?Aくんのかっこよさの数百万分の一の顔を想像した人もいれば偏差値35ってなに?とおもった人もいるだろう。
そうじゃない。

容姿は数百万倍の違いがある。

偏差値は倍の違いしかない。
でも差が大きいから絶対Aくんが優れているのか?差が倍しかないからその差はあまりすごくないのか?
偏差値の倍の違いは絶望的だろう。(容姿の数百万倍の違いも絶望だが)

猫を擁護するつもりがなんか、猫の容姿が犬の数百万倍悪いみたいな話になってる!そんなことはないのでよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


猫の嗅覚はどれくらい??

ええ、今日も書いてます。話すよりも書くほうがずっと相手に伝わるし、私は好きです。

そして今日は猫の嗅覚についての疑問です。
犬は人間よりも嗅覚がするどい!と言われていますが、猫はどうなんでしょうか?まぁ人間より優れているとは思うんだけど、想像でしかないので調べます。

スポンサーリンク


はい、グーグル先生にご登場頂きます。

オッケーグーグル!

とか恥ずかしくて言えないし、そもそもiphone使用してるのでサファリからせっせと検索。

なんと猫の嗅覚は人間の数万倍〜数十万倍とのこと。。

そんなに優れてたのかネコ!

ちなみに犬は人間の数百万倍!犬おそるべし、、

さて数万〜数十万倍!!とか驚くのもいいけどやっぱり想像もできません。
人間の大きさで比較してみましょう。
人間一人の大きさが1.5mだとします。これが人間の嗅覚を視覚イメージした感じ。
この1.5mをとりあえず10万倍してみます。

150,000mですね。

さてこれと比較するために高いものを検索します。

日本人なら大きさの代表ともいえる富士山!

3,776m

話にならん!世界一のやまでも9,000m程度。
距離にしてみました。

東京➡︎軽井沢駅で約150km

人間の嗅覚が仮に半径1.5mと仮定すると、猫は150kmまでかげる!?いや、そんなわけがない。
なんか軽井沢でバーベキューするいい匂いするわーとかなさそうだし。。
数万倍とはいうけど、それは別に距離の話ではないだろう。

距離に変換してしまったのはちょっとわかりづらかったかもしれないけど、それくらい能力としての差があるということです。

でも人間より味覚はないみたい。そっか、バニラエッセンスとか好きなのかな。
ちなみに犬は100万倍なので北海道や九州までとどきます。。

 

スポンサーリンク