リュックの呪縛

リュックを背負ってるのを忘れる瞬間があるでしょ

そしてふと気づく

あれなんか背中が重い

悪霊か

背後霊か

鈴木その子か

いや違う

リュックなのだ

 

物事に集中しているとふと忘れてしまうけどリュックを背負っているのだ

また読書に集中する

あれ?

背中が重い

キツネの霊か

織田無道か

ゴージャス松野か

いや違う

リュックなのだ

 

なぜ重いかって言えば本を3冊もいれて、国語辞典を持ち歩いて、思いついたらすぐ作業できるようにPC入れて、iPadいれて

安心してリュックを背負うけど一度も使わないのだ