メタ認知おじいちゃん

自動ドアがありました

 

私は真っ二つになりたくて

 

ちょうど半分のとこに立ちました

 

さてドアが閉まろうかという時になぜだか子供の頃のことを思い出したのです

 

それはマシュマロを食べてたときのこと

 

中にはチョコが入っていました

 

あらいやだ、なにかしらこの感触

 

すると現実に戻った私は急に怖くなりました

 

だからそのへん子供にマシュマロあげて自動ドアの半分のとこに立ってもらいました

 

子供は美味しそうにマシュマロをたべております

 

ドアが閉まろうかと動き出した瞬間

 

私は子供も突き飛ばしました

 

あかんよ!

 

まだ死んだらあかんよ

 

私は号泣してしまいました

 

ガタンと音がしたので、後ろを振り向きました

 

老人が挟まれていました